ジスロマックの写真

ジスロマックはクラミジア以外にもいろいろ使える優れた汎用性を持っている薬です。バイ菌のせいで膿んでいるような症状の病気に対して幅広く効果があるので有効活用しましょう!

ジスロマックとクラミジア菌

感染症というのは、病原性の微生物が人体に侵入して、炎症や発熱といった症状をもたらすものをいいますが、特に性行為によって、こうした微生物に感染するようなものを、性感染症とよんでいます。性感染症をひきおこす微生物にも、さまざまなものが存在し、細菌のほかにも、カビのなかまである真菌、細菌よりも微小なウイルスなどといったものが、そうしたものの代表格といえます。
性病のなかでも、クラミジア属のなかまの細菌が感染することで起こるものとしては、性器クラミジア感染症という名前でよばれているものがあります。性器クラミジア感染症にかかった場合には、男性であれば、軽い尿道の痛みや不快感、性器からの分泌物があるなどの症状がまずあらわれます。女性の場合であれば、おりものの量が増える、おりものににおいがついている、性行為のあとで軽く出血するといった症状となります。
しかし、こうしたものはほんの初期症状ですので、たいしたことはないと放置してしまうと、さらに症状が悪化してしまうことにもつながりかねません。とくに、女性の場合には、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎などといった病気に発展し、強烈な腹痛によって病院に担ぎ込まれるといったこともありますし、ひいては不妊の原因になってしまうことさえあるのです。
性器クラミジア感染症の治療にあたっては、ジスロマックのような抗生物質を一定の期間にわたって継続して服用するというのが、一般的に行われている方法です。ジスロマックはクラミジア属にかぎらず、幅広い細菌に対して効果をもっているものですが、場合によっては耐性菌といって、ジスロマックがまったく効かないようなものもあらわれてきていますので、経過をみて医師に相談すべきでしょう。